酵素の力で簡単ダイエットその3

インスタントなどの加工食品を食べ過ぎることも原因のひとつです。

これらに含まれている添加物を分解するために、日々、たくさんの酵素が使われることも原因でしょう。

また、加熱食品を頻繁に食べることで、食物酵素がすでに熱によって死んでいるので、体内に取り入れても何もならないと言ったこともあげられます。

暴飲暴食の機会が多い人は、常に食べ過ぎで分解している酵素がいつも間に合わないこともあるでしょう。

このように、酵素が足りない場合、せっかくの栄養分も分解されずに、老廃物となってしまいます。

腸にたまった老廃物は、壁にくっついて他の栄養が吸収されるのを邪魔したり、血液に老廃物が再吸収されたりと、血液が汚くなることも心配されます。

また、原形そのままの食材と、加工品とは、「食べる」と言う行為でもエネルギーの消費量に差が出ます。

何度も噛まずに簡単に食べられるメニューのほうが、もちろん食べ疲れないのでエネルギーを消費することが少ないでしょう。

何度も噛まず容易に飲み込むことが出来ますよね。

エネルギーはダイエットのためにも、どんどん消費したほうが良いのです。

ステーキを噛んで飲み込むまでのエネルギーと、ハンバーグを数回、噛んで簡単に飲み込むエネルギーを比べても、もうこの時点で違いが出てしまいます。

ですから、食事をする際、加工食品のメニューではなく、なるべく原形をとどめている素材が入っているメニューを選ぶことが簡単ダイエットと言うわけです。

そして、体内の酵素にがんばって食べた物を分解してもらいましょう。

以上、お話しましたように、簡単なダイエットとは、酵素が生き生きと働ける腸内環境にすることなのです。

最初に戻りますが、それにはなるべく原形の食べ物を選ぶことですね。