酵素の力で簡単ダイエットその2

加工食品を必要以上に摂取すると、胃や腸内で消化出来ずに残った分は、腸の壁に付着し、それがたまってしまいます。

消化する壁面が覆われてしまうと、他の栄養分が吸収されずに、栄養不足に陥るケースもあります。

栄養のあるものをいくら食べても、それが吸収されないのでは意味がありませんよね。

簡単に言えば、いくら手の込んだ料理を作っても吸収されなくてはもったいないですね。

お手軽で、簡単な料理のほうが返って、吸収率が良いということもあるでしょう。

食べ物を消化したり分解したりと言った仕事は、腸だけの仕事ではなく、腸の中の酵素が働くためなのです。

酵素が元気に働いている人の血液はキレイで巡りが良いです。

ですから、冷え性、肩こりと言った症状とも無縁です。

冷え性の人が痩せにくいということも、簡単に言えば酵素の働きが悪いということになります。

ストレスや、加齢、暴飲暴食で酵素の働きが少なくなり、腸内ではきちんと分解が出来なくなってしまうのです。

ですから、ダイエットしたければ、ストレスフリーになり、血液サラサラで、酵素が元気で働ける環境を作ってあげることも必要ですね。

ダイエットに必要な腸内の酵素ですが、現代人は酵素が不足していると良く言われています。

これは今の食生活に大きく関係しているのです。

では、どのようなことで体内の酵素が少なくなっているのでしょうか?

それは、生の食品を食べたり、発酵食品を食べたり、酵素を含む食品を口から入れる機会が少なくなったことです。

本来、簡単に取り入れられる酵素が、摂取できず、口から入る酵素が足りないということになります。