口臭と歯槽膿漏

口臭を発生させる原因の一つに歯槽膿漏がありますが、歯槽膿漏というのは、歯を支えている歯茎の周りに起きてしまう病気のことです。

この歯槽膿漏は年齢を重ねれば重ねるごとに多くなってくる口の中の病気ですが、この歯槽膿漏が口臭の原因になっています。

なぜ歯槽膿漏が口臭の原因になっているのかというと、歯槽膿漏というのは、歯茎が炎症を起こしてしまうのですがそれが悪化して悪臭となり口臭につながるわけです。

食べカスがたまってしまったり、歯石が溜まってしまっても口臭の原因になってしまいますが、歯槽膿漏は、歯の病気が原因で口臭が起きていることになります。

歯槽膿漏にかかってしまって口臭がきつくなったという場合には、歯科へ行って歯槽膿漏の治療をしなければ口臭は改善されませんから自分で予防しても口臭が治まらないと思います。

加齢とともに、歯槽膿漏は多いといわれていましたが、口臭が気になる若者の中にも、歯槽膿漏によって口臭が発生しているということも最近ではよくあることです。

歯の周りの組織が破壊され始めると歯周病元菌が口の中に増殖してそれが口臭へとつながりますから歯槽膿漏の治療が口臭を抑える唯一の方法になりますから、歯科へ行って治療をしましょう。