口臭とホルモン

口臭を引き起こす原因となるのは色々とありますが、口臭を引き起こす原因の一つに、ホルモンも影響を与えているといわれています。

ホルモンというのは特に女性に多いのですが、生理中や妊娠中、出産後などはホルモンのバランスが急激に崩れるとも言われています。

ホルモンバランスの変化によって口臭も変化するといわれていますから、場合によっては普段は口臭が気にならなかったという人でも、妊娠してから口臭が気になりだしたという人もいると思いますし、出産してから口臭がきつくなったという人もいるでしょう。

これらの口臭の原因はホルモンが原因ですから一時的なもので、生理的口臭の一種ですから、時期が来れば口臭が治ることがほとんどです。

生理的口臭は寝起きの際の口臭やお腹がすいたときの口臭、緊張したときの口臭などもありますが、ホルモンによって生理的口臭が起きるということもよくあることです。

ホルモンによる口臭の予防策、改善策としては、特に治療を行うという必要はありませんから、一時的にケアできる口臭対策グッズを使うなどしてケアしていけばいいのではないでしょうか。

ホルモンのバランスが正常に戻れば自然と口臭も気にならなくなりますし改善されます。