危険な口臭

口臭の中には危険な口臭があります。

どんな口臭が危険な口臭なのでしょうか。

口臭といっても毎日誰もが感じる口臭から、病気などが原因で起きている口臭まで色々な口臭の種類があります。

毎日私たちが寝起きに感じている口臭やお腹がすいたときに感じている口臭というのは、生理的口臭といって、誰にでも起こりうる口臭なので気にすることはありません。

ですが、危険な口臭というのは、健康にまで影響を与えることにもなりますから注意しなければいけません。

危険な口臭というのは、たとえば虫歯が悪化してしまっているとか、歯周病の進行が進んでいるといった場合の口臭になります。

虫歯が進めば治療が困難になってきますし、歯周病が悪化すれば最悪歯がなくなってしまうこともあります。

こういった危険な口臭は一刻を争う治療が必要です。

他にも危険な口臭としては、内科的な病気にかかっているということもありますし、体全体の免疫力が落ちていることが口臭にかかわっているということもあります。

免疫力の低下は健康を損なう恐れがありますから口臭が気になり始めて虫歯治療をしていても歯磨きをしていても口臭が治まらない時には、早めに病院へ行って調べた方がいいでしょう。