脱毛の基本

自己処理脱毛のメリットとしては、家庭用脱毛器など器具の費用を除けばカミソリ・ワックスにしてもほとんど費用が発生しないこと、自分の都合でできることがあげられると思います。

自己処理脱毛のデメリットとしては、主な自己処理方法として、カミソリで剃る、ワックスや毛抜きで抜く、除毛クリーム・脱色クリームなどがあげられますが、

  • カミソリで剃る、ワックスや毛抜きで抜く・・・肌荒れ・乾燥肌、角質が厚くなり硬くなることで「うもれ毛」の原因に。
  • 除毛クリーム・脱色クリームなど・・・刺激の強い薬品のため、肌荒れの原因に。

といったデメリットがあげられます。

実は私はすでにプロによる永久脱毛をしたのですが、終わってみて、ムダ毛の悩みやメンドクサイ処理から開放されて、こんなにラクならもっと早くやっておけばよかった!というのが率直なところです。

もちろん費用はそれなりにかかりましたが、今までの手間や苦労、そしてすべすべの肌をを考えたらやる価値は大きいと思います。

ムダ毛の自己処理

当サイトでは手間やトラブルへの配慮から当然自己処理よりもクリニックでの脱毛をススメマスが、「今」の時点では正しい自己処理の方法も必要だと思い、解説します。

ワキの下編

ワキの下のムダ下の処理は見た目もさることながら、汗のにおいを予防するためにも処理した方が良いようです。その際に毛抜きで抜くのはもっともNG!炎症を起こしたり、鳥肌のように毛穴がブツブツ盛り上がったりしてしまいます。

次に除毛クリームや脱色剤ですが、脚や腕に比べ肌が弱い部分ですので薬品による刺激には十分注意が必要です。一番負担が軽いのはカミソリで剃る方法だと思います。

ワキの下のムダ毛を処理する際は、まずお風呂に入って肌をやわらかくし、低刺激性のクリームや石けんでカミソリのすべりをよくします。

ワキの下は凹凸があって剃りにくいのでヘッドが小さいもの、安全ガードが付いているものなど使いやすいものを選んでください。また、刃はひんぱんに新しいものに取り替えましょう。

剃るときは毛の流れと同方向に剃るのが基本です。剃り終ったらきれいに洗い流し、化粧水などでアフターケアを忘れずに。

脚・腕・背中編

脚や腕、背中など広い範囲の処理には除毛クリームや脱色剤が有効です。

ただし、肌が比較的丈夫な人、体調が万全の時などといった条件が付きます。肌の抵抗力が落ちていると薬品に敏感に反応してしまうので、生理前や寝不足のときは避けましょう。

使う前にはパッチテストを行い、赤みやかゆみが無いことを確認しましょう。処理が終わったら肌に薬品が残らないようにしっかり洗い流すこと、刺激の少ないローションなどで保湿のアフターケアも必ずおこないましょう。

除毛クリームや脱色剤同様、脱毛ワックスや脱毛テープもありますが、注意点は同じです。肌がデリケートな人は避けること、処理の後は保湿ケアを怠らないことです。

胸・お腹・ビキニライン編

バストやビキニラインは肌荒れや色素沈着を起こしやすい場所!特に注意してムダ毛処理しましょう。

まず、バストはとてもやわらかく凸凹しているのでカミソリではなく1本1本根本からカットするのがオススメです。眉バサミなど小さなハサミが使いやすいです。

お腹やビキニラインも1本ずつカットするのが理想ですが、肌表面が平らなのでカミソリでも処理できます。カミソリをあてる場合は、あてる部分を引っ張り、できるだけ肌の表面を平らにしながら剃ります。

カミソリで剃る前は低刺激性石けんや乳液ですべりをよくし、剃った後はていねいに洗って化粧水などで保湿ケアしましょう。

脱毛方法の種類と特徴

続いてクリニックで行われる脱毛方法の種類と特徴について解説します。

レーザー脱毛法

黒色に反応するレーザーを照射して熱によって毛根や毛包、毛乳頭などの働きを停止させる脱毛法で、施術時間も短く、効果も高いため現在主流となっています。

特殊な装置で毛根を破壊し、半永久的にムダ毛を生えさせない医療脱毛です。

毛量や太さ、体質によって差はありますが、肌表面に生えている毛を処置し終えても次に他の毛が生えてくるのを待つ期間も必要なので、完全に終えるまでには通常半年~1年くらいは必要になります。

なお永久脱毛、医療脱毛とうたえるのは医療機関のみで、エステサロンでの脱毛は永久脱毛ではありません。

黒色に反応するレーザーを照射して、毛穴の中にある毛根を破壊する方法です。一度に広い範囲を照射できるので短時間で脱毛できるのが特徴です。

処置後は少し肌が赤くなり、1~3日ほどでおさまります。毛根さえあればレーザーが反応するので施術期間中もカミソリなどでの除毛であれば可能です。(抜くのはNG!)

ただし、過度の日焼けなど肌の色が黒い場合には施術は向きません。

メリット デメリット
・一度に広い範囲が脱毛できる
・脱毛期間中もムダ毛の処理が可能
・肌色や毛質によって行えない場合がある

クリニックを選ぶ際に、料金や雰囲気、スタッフの印象など様々なポイントがあるかと思いますが、外してはいけないのが、肌質や肌の色調、体質などへの事前チェックがあるかどうかです。

このサイトで紹介しているクリニックはすべて事前チェックを行うところですが、店舗に出向いた際にはカウンセリングとテストレーザーをしっかり行っているか確認しましょう。

ニードル式電気脱毛法

ニードル式電気脱毛法には、脱毛針に0.5~1ミリアンペアくらいの直流電流を通すことにより毛乳頭等を破壊する電気分解法と、脱毛針に10ミリアンペアくらいの高周波の交流電流を流して毛乳頭等を熱凝固破壊する電気凝固法があり、ほとんどの場合で両方を組み合わせたブレンド法を用いています。

現在では施術時間の短いレーザー(光)脱毛が主流になっていますが、肌の色(黒く日焼けしているとあまり効果が出ません)や毛の質(細い毛、色素の薄い毛など)に左右されないというメリットがあります。

ただし、1本1本処理するので、脱毛を終えるまでにそれなりの時間を要すること、肌の表面から毛が出ていないと処理できない、処理期間中はムダ毛処理できないといったデメリットもあります。

メリット デメリット
・確実に脱毛できる
・肌色、毛質、部位に関係なく行える
・一度にできる範囲が限られる
・処理期間中はムダ毛の処理ができない

痛い、時間がかかるなどと言われ最近の主流ではなくなってきたニードル式電気脱毛法ですが、男性のひげなど好みのデザインで残す場合には非常にきれいに仕上がります。

エステサロンとクリニック(病院)の違い

クリニックのレーザー脱毛とエステサロンのIPL脱毛

レーザー脱毛は医療行為のためクリニック(病院)のみが行えます。

それではエステサロンで行っている脱毛は?となりますが、これはIPL脱毛という「インテンス・パルス・ライト」という光を使った脱毛方法です。

呼び方も自由に決められるため、機器メーカーの違いなどにもより、「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」、「プラズマ脱毛」など様々です。

どっちが効果的?

IPL脱毛 レーザー脱毛
レーザー・光の出力(効果) 弱め。毛乳頭を破壊する効果は弱い。肌への影響はほとんどありません。 強め。毛乳頭を破壊する効果が高い。体質などによって肌への影響が出る場合があります。
痛み ほとんど無痛。(少しは痛みを感じる時があります。) 輪ゴムをパチンとさせたくらいの痛みを感じる。(最近はかなり痛みは少なくなっています)
施術時間 10~20分くらい 20~40分くらい
効果の持続性 出力が低い分、何年後かに再生してしまいますが、料金が安いので気になるところだけスポットで脱毛できます。 レーザーの出力が強い分、再び生えてくることはほぼありません。

体毛には成長期と休止期があり、一定の周期で生え変わります。したがって、施術時に生えている体毛をすべて処理しても休止期の体毛は処理できていないのでやがて生えてきます。施術期間が長いのはこのためです。

また生えてくると言われるのは休止期の毛が出てきたためで、通常そこまで配慮した施術期間を脱毛プランとしてとりますので心配はご無用です。

医療脱毛体験談

引用 大城俊夫著「大城医博のレーザー美容」より

Vラインの医療レーザー脱毛体験談 25歳女性

友人と海外旅行をすることになり、水着を着ることになりました。私は高校以来水着になる機会がなかったのですが、いざ水着になると思うとVラインが気になってきました。

初めは気になる部分を剃って着るつもりでしたが、ヒゲ跡のように青くなるのではと、とても心配になりました。

いきなりVラインを脱毛するのは少々こわかったので、まずはワキの下で脱毛したところ痛みも少なく、安心してVラインの脱毛を決意しました。

施術の段になり、初めは恥ずかしかったのですが、あっという間に終わってしまいました。

軽いやけどの状態になりますので、治療が終わってから冷やしタオルで冷やしてもらい、30分ほどで赤みも取れたので帰宅しました。今度の海外旅行でいろいろな水着を着ることを楽しみにしています。

ワキの医療レーザー脱毛体験談 23歳女性

高校のプールの時間をきっかけにわき毛が気になりはじめました。友達で早い人は中学入学当初よりわき毛を気にしていた人もいます。

当時は剃ったり除毛クリームで処理して袖なしの洋服など着ていましたが、自己処理では時間もかかるし、肌の弱い私は肌荒れを起こしてしまい、何かもっと良い方法はないかといつも思っていました。そんな時友達からレーザー脱毛が良い聞き、施術することを決めました。

施術時間は短く、自己処理に比べて仕上がりも良くて、今では夏服を着るのもまったく抵抗がなくなりました。

 

Posted by webstaff